安い価格設定

紳士

女性以上にこだわりが強くなっています

メンズファッションは今や戦国時代と言っても良いぐらいに価格競争の波にのまれています。 昔は、激安かおしゃれを追求した高い物かに分かれていたのですが、最近では、メンズファッションもドンドン雑誌を中心に売れるようになってきたために、中流層が出来てきました。 Tシャツ一枚500円の激安ショップから、Tシャツ一枚15000円の高級ショップまであり、中流層は、3000円から5000円と手が出しやすい価格設定をつけています。 そしてメンズファッションのトータルコーディネイトにより、客単価もドンドン上がっています。 激安戦争になった今だからこそ客単価が大切になっています。 そして安さに任せて買い物意欲がわくので、メンズファッションのトータルコーディネートは大切なアイテムとなります。

激安と高級のコラボレーション

激安の肌着を買って、激安のシャツを買って、激安のズボンを買って、激安の靴を買って最後に高級なジャケットを買っていかにも中も高く見せていた時代が続いていましたが、最近では激安メンズファッションが主流となり、コーディネートの上手さが象徴されてきています。 中でも今まで高級で揃えていたジャケットを激安や中流で買うので、高級店が売れない時代になってきています。 ただし高級店も少し価格を下げて来てはいますがそれを売りにするのではなく、あくまでも上質なサービスを提供する事を目指す店が多くなりました。 メンズファッションは接客スタイルも大切になってきますので、サービスの向上による囲い込みは、作戦としてはかなり高評価につながると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加